一般歯科について

一般歯科とは

「歯が痛い」という方は虫歯になっている可能性があり、一般歯科を受診なさったほうがいいでしょう。
一般歯科とは、保険治療を行う歯科治療のことを指します。 これは、通常どこでも行っているものですが、小児歯科、矯正科、口腔外科など新しく専門標榜科がうまれたため、これらと区別する意味で用いられます。一般歯科では歯科治療の相談から、虫歯、歯周病、神経治療、入れ歯などを保険治療としておこいます。

虫歯治療について

虫歯の原因は細菌による感染症です。これら虫歯菌が砂糖を分解し、多糖体・グルカン(デキストラン)という物質をつくり、歯垢、さらにはバイオフィルムという虫歯や歯周病の原因となる細菌の塊を形成することから虫歯はできてきます。虫歯には3つの治療法があり、下記の通りになります。

つめる治療

これは小さな虫歯などに行います。プラスティックや合金などを使ってつめます。以前は体に有害な金属をつめる治療もありましたが、かもがわデンタルクリニックでは健康で審美的な治療を心がけ、セラミックでの治療を行っています。

審美的な治療についての詳細

かぶせる治療

神経をとった時や、歯の表面にたくさんの虫歯があるときなどに行います。以前は、主に金合金や銀合金を使ってでかぶせていましたが、かもがわデンタルクリニックでは健康で審美的な治療を心がけ、セラミックでの治療を行っています。

審美的な治療についての詳細

抜けた歯を補う治療

何らかの理由で歯を抜いた後や、歯の欠損部に行われる治療です。少数の欠損ではブリッジをします。金銀合金や審美性を考慮してセラミックなどで欠損部を補います。多くの歯が欠損している場合は、義歯(とりはずしの入れ歯)を入れます。義歯で違和感が強い方には、インプラント(人工歯根)治療を行っています。

インプラント治療についての詳細