インプラント

インプラントについて

永久歯を一度失ってしまうと二度と生え替わってきません。その為従来の治療法は、義歯(入れ歯)などを用いるしかその部分を補う方法はありませんでした。しかし入れ歯だと固いものが噛めない、発音がおかしい、長く使っている間にお口に合わなくなってしまったりする場合があります。
インプラント治療とは、失ってしまったご自分の歯の替わりに、人工の歯根(ネジ)を埋め込み、その上に人工の歯を本物の歯のようにかみ合わせを回復させる治療法です。
固定式であるためガタついたりせず、自然の歯のようにお食事もとることが出来ます。

比較項目インプラントブリッジ床義歯
長期信頼性
(残存率)
◎(10年で90%以上)○(8年で50%)×(4年で50%)
残存組織の保護×(資質の削去、咬合負担の増大)×(歯の喪失、顎堤の吸収)
咬合咀嚼力×
審美性
異物感×
費用×○(保険)×(保険)

インプラントは入れ歯やブリッジと比べ、残存歯を守るという点や、ご自分の歯と同じぐらい強い力でかめるといったメリットがたくさんあります。費用はかかりますが、将来的にみれば安い投資ではないでしょうか。
炎症のコントロール(歯垢、プラークコントロール)と、インプラントによる適切な力のコントロールにより、毎日の食事をより快適に取る事ができ、お口からはじまる健康のサポートを出来る事がスタッフ一同の願いです。

インプラントの治療の流れ

1.カウンセリング

まず最初に一般の検査を行い、歯周病などの有無を確認いたします。歯周病が治っていない状態でインプラントを入れてしまうと、抜けてしまう恐れがあります。

2.検査

次に、患者様の口腔内をバリオスコープなどの機器を使用し、状態を確認させていただきます。インプラントは顎の骨の厚みや高さ、形状によりどのインプラントが最適かを判断いたします。

3.治療計画の説明

カウンセリング・検査の結果を踏まえ、専門医が治療の計画をご提示させていただきます。患者様にあった、最適の治療を専門医が選択いたします。

(治療に入る前に)

歯周病や虫歯が見つかった場合、治療を施してからインプラント手術を行います。この工程を怠ると、せっかく埋めたインプラントが抜けてしまう恐れがあります。

4.1次手術

まず、インプラント本体を顎の骨に埋め込み、定着させる手術をいたします。なるべく痛みや腫れのないようにいたしますが、恐怖心がある場合にはお気軽にご相談ください。

5.2次手術

インプラントと骨の結合を確認し、結合が認められたら2次手術に入ります。この手術では、埋め込まれたインプラントの上層部を出し、人口歯を装着できるようにいたします。

6.人口歯の制作・装着

人口歯は、インプラント専用の精密な歯型を取らせていただき、制作ます。制作完了には約~週間かかります。制作が完了次第、インプラントへ装着させていただき、噛む事が出来るようになります。

7.メンテナンス

インプラントを使用していくにあたり、定期的にメインテナンスにご来院していただくことになります。こうすることにより、インプラントを永続的に利用することが出来ます。

関連リンク

インプラント料金

インプラント症例